アメリカ式ベビー服の水通しは洗剤あり?ベビー専用洗剤は必要?

某ベビー情報サイトを見ていたら「34週までにベビー服の水通しを済ませておきましょう」とな。もう今週じゃないか!ということで、アメリカ的水通しの方法と洗剤の選び方をまとめました。

スポンサーリンク

水通しとは

新品のベビー服に付着したノリやホルマリン剤を除去するため、赤ちゃんが着る前に水洗いすること

水通しをすると、ノリが取れて吸水性がよくなり、汗っかきの赤ちゃんへの負担も少なくなるそう。なるほど。

ただホルマリンについては、アメリカは個包装&過剰包装もしないし、防虫剤もついてこないので関係ないのかなーと思いますが、それでも吸水性&柔らかさアップ化学物質などの残留物除去のために一度洗濯しておくのはアメリカでも共通なので、体が動くうちに水通しを済ませておきましょう(`・ω・´)

ニューヨークの洗濯事情

水通しの前に、一応ニューヨークの洗濯事情を説明しておきます。

ニューヨークでは自宅(=自分の部屋)に洗濯機がある家はほとんどありません。(お金持ちのアパートにはもちろんあります)

実は私たちも今年引っ越す際、ベビー服の洗濯の手間を考えて洗濯機が部屋にある物件も探しましたが、本当に少ない&高い!ある不動産屋によると、ほとんどのビルは水道管が古くて細いため、各部屋に洗濯機をつけると水道管が耐えられなくて破裂するからつけられないんだとか。

これだからニューヨークのインフラは!!(# ゚Д゚)ゴラア

というわけで、私たちのアパートは自分の部屋にはありませんが地下にランドリースペースがあります。最近リノベーションが終わったばかりで綺麗♪

laundry01

洗濯機と乾燥機がわかれていて、どんな洗濯物も乾燥機にガンガンかけるのがアメリカ流。(後述しますが、ベビー服を乾燥機にかけると縮みますので注意)

しかし敷地内にランドリーがないアパートも多く存在します。もちろんそのほうが家賃は安いのですが、そうすると何軒か隣のコインランドリーにわざわざ行かないといけません

これはさすがに面倒なので、私たちの引っ越す時の最低条件が「アパート内にランドリーがあること」でした。それでも洗濯物を持って地下に下りるというのは、日本の基準で考えるとかなり手間ですよねー。

と、上記の理由で週末にまとめて洗濯をする人が多いニューヨーク。そりゃあ布オムツとかこまめに洗濯するのは面倒でやってられないから誰も使わないよね、という感じです。

スポンサーリンク

水通しの方法

方法といっても、大人の洗濯物と同じで型崩れ&紛失防止のためにネットに入れて洗うだけ。

この時、日本だと「洗剤を使わず水洗い&手洗いコース」で洗うようですが、アメリカの洗濯機でこれに相応するのが「Delicateコース」や「Hand Washコース」など。古いタイプの洗濯機だとそこまで細かい設定はないかもしれないので、その場合はとにかく一番弱い設定で。

元々ベビー服はデリケートな上、アメリカの洗濯機は超強力なので、全てネットに入れてなるべく弱めの設定で洗うのがオススメです。水温も「Cold」か「Warm」で、なるべく傷まないようにしましょう。

そしてうっかりベビー服を乾燥機にかけると極小に縮んでしまって着られなくなるので、自然乾燥にするか、乾燥時間を少なめにして最後は部屋干しにするのがいいです。

※クリブシーツやおくるみなどは乾燥機にかけても大丈夫ですが、ただ質が悪い物はやっぱり縮みやすいらしいです。

ベビー用洗剤の選び方

水通しの段階では服は汚れていないので、洗剤は入れても入れなくてもOK。アメリカでは水通しの時から使うほうがメジャーのようです。

ベビー用と謳っている洗剤は

  • 漂白剤なし(No Bleaches)
  • 染料なし(No Dyes)
  • 無香料(No Perfume/Fragrance)
  • オーガニック

など洗濯物に残る刺激物が少なくなるようになっていて、赤ちゃんのお肌に優しい作りになっています。

ただ調べていくと、大多数が「赤ちゃんが敏感肌じゃなかったら普通の洗剤でOK!」と意外と気にしてないことが判明。哺乳瓶もディッシュウォッシャーでガンガン洗う国だしね…

それでも一応心配なので、とりあえず「Seventh Generation」を購入してみました。ラベンダーなどの香料付きではなく、Free & Clearという無香料のタイプです。

植物をベースに製造されているオーガニックブランドで、洗剤の他にもオーガニックの紙オムツやタンポンなんかも販売しています 🙂 人工香料、塩素、染料などを排除した人にも環境にも優しい洗剤です。

ただ一つ失敗したなーと思うのが、これすんごい重いです。大容量で150oz = 4,400mlもあります。毎回持ってくのは大変なので、一回り小さいサイズを買うか、小分けにできるボトルとかあるといいかもしれません。。

他に人気のベビー用洗剤だとこんなのもあります。すべて漂白剤、染料などを使っていない無香料の製品です。

ちなみにアメリカで一番人気というか、どこでも売っているベビー用洗剤の定番はDreftですが、これは大人用とほとんど成分が変わらないため、使う意味がないというレビューもあります。

まぁでも何年も一番人気で売れてるぐらいなので、使っても特に問題ないと思いますが。もし赤ちゃんのお肌が荒れちゃうようならオーガニックに変えるぐらいの気構えでいいかも?

それか大人用もオーガニックにして同じものを使えば、洗い分ける手間もなくなりますね!

あまり神経質になりすぎず、赤ちゃんの肌質に合ったものを使っていきたいなと思います 🙂

まとめ

ま、こんないろいろ書いたくせに洗濯は(も?)夫がやってくれるんですけどねw (∩´∀`)∩ワーイアリガトー

ではRyo@nydewebdesignでしたー!

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする