ニューヨークの妊娠・出産事情を発信しようと思ったワケ

アメリカ・ニューヨークの妊娠・出産事情もブログに書こうと思ったのは、単純に慣れないニューヨークでのこの記録が今後の誰かのためになったらいいな、と思ったからです。入れ替わりの激しいニューヨークでは、情報はあってもそれを発信した人はもう帰国しているという状況が多々あります。

スポンサーリンク

日本と違うシステムやアメリカならではの検査方法がたくさん

実際にニューヨークの育児ブログはたくさんありますが、情報はなるべく新しいほうが良いし医療は日々進化中。

日本とは違う産院システムや、まだまだ日本ではメジャーではない(らしい)新型出生前診断(NIPT)胎児スクリーニングについても知る限り細かく書いていきます。

妊娠・出産情報は2015年9月に妊娠が発覚してから書き溜めていたものを、2016年2月から順を追ってアップしています。リアルタイムで始めなかった理由はブログが完成していなかったことと笑、もし出産までに何かあったらブログを書くどころじゃないとひたすら心配したから。

色々心配事もありましたが(まだ気は抜けませんが)途中で肝が据わって「出産後にアップしてる暇なんてない!」と思い、更新を始めました。

ただ今でも強く思うことは、命に関わることはどんなに深く考えても考えすぎることはない、ということ。予定日の5月に無事に出産を迎えられることを祈りながら、出産前にはリアルタイムに追いつくようにアップしていきたいです☆

こんな情報が知りたい!という現役ママさんパパさん、妊婦さんのコメントもお待ちしています(^ω^) では、Ryo(@nydewebdesign)でした!これからもよろしくお願いしますm(._.)m

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする