私が妊婦サプリではなく「葉酸サプリ」単体を飲む理由

妊娠すると気になるのが赤ちゃんへの栄養。特に必要とされる葉酸は食事だけで摂るのは大変なため、サプリメントで補う人も多いのではと思います。

アメリカはサプリ大国なだけあって「妊婦サプリ」と呼ばれる必要栄養素がほとんど入った専用サプリも売られているほど。 でも私はいろいろ検討した上で、葉酸サプリだけ単体で飲んでいるので、そこに至った過程と自分なりの考えをまとめました。

スポンサーリンク

なぜ葉酸が必要なのか

そもそもなぜ妊娠中(特に初期)に葉酸が必要なのかというと、無脳症や二分脊椎などの先天異常を防いでくれる効果が期待できるからです。厚労省も正式に発表しています。

胎児の脳や脊椎が完成する妊娠3ヶ月までの摂取が一番大事で、理想は妊活中から意識して摂取することですが、私は妊娠発覚後まで葉酸が必要なことも知らず、慌てて買いました……

でも妊娠発覚後からでも十分に効果は期待できるので、授乳中まで続けましょー。

葉酸は食事では摂りづらい

ほうれん草やレバー、ブロッコリー、納豆などに多く含まれる葉酸ですが、熱にとても弱くて、加熱すると50%以下しか残らないと言われています。野菜を生でたくさん食べるのはきついし、特にレバーはビタミンAも多いので、妊娠中に食べ過ぎると胎児へのリスクが高まるので要注意です。

※ビタミンAには2種類あり、動物性由来のレチノールと植物性由来のベータカロチンがあり、妊娠中に控えるべきなのは動物性由来のレチノールです。

葉酸サプリと妊婦サプリの違い

こういった事情もあって葉酸はサプリでの摂取が推奨されています。

が、実際は種類が多くて何を選んでいいかわからない…(´・ω・`)特にアメリカは「妊婦サプリ (Prenatal Supplements)」と呼ばれる葉酸以外にも必要な栄養素がガッツリ入っているサプリメントが人気です。

葉酸サプリは葉酸しか摂取できないのに対し、妊婦サプリはビタミンA、鉄分、カルシウム、亜鉛などの必要栄養素も一気に摂ることができます。

加えて、DHAも入っていたりとお得感満載。元々サプリメントで栄養を摂る文化のアメリカでは、この妊婦サプリのシェアがかなり高いです。(楽だし)

スポンサーリンク

ワタシ的・妊婦サプリの気になる点

と、一見すごく便利そうな妊婦サプリですが、私は飲んでません。というのもどのサプリも葉酸の含有量が800μg(マイクログラム)だからです。

妊娠中は通常の1.5倍、400μgの葉酸が必要といわれていて、厚労省が発表した「第六次日本人の栄養所要量」では一日の摂取量上限は1000μgと制定されています。

しかし妊婦サプリはどれも葉酸が800μg入っているものばかり。 アメリカ人は体格がいいから上限が多いのか?と思ったのですが、1000μg以上の摂取はリスクがあるとアメリカでも言われています。参考:babycenter “Why you need it before and during pregnancy?” 

代表的な妊婦サプリの成分表比較

せっかくなので、いくつか妊婦サプリの成分をまとめてみました。

1. Nature Made Prenatal Multi +DHA

まずは日本でもおなじみネイチャーメイド。

栄養素 含有量 一日摂取基準比
ビタミンA (βカロチン) 4000IU 50%
ビタミンC 100mg 167%
ビタミンD3 400IU 100%
ビタミンE 11IU 37%
チアミン 1.5mg 88%
リボフラビン 1.7mg 85%
ナイアシン 18mg 90%
ビタミンB6 2.6mg 104%
葉酸 800μg 100%
ビタミンB12 4μg 50%
カルシウム 4μg 50% 
 鉄分 27mg  150% 
 亜鉛 25mg  167% 
オメガ3 228mg *
DHA 200mg *
EPA 28mg *

一日の摂取目安が400μgとされているのに、800μgを100%と書いているあたり、なんかちょっと…(´・ω・`)ウーン

2. One a Day Women’s Prenatal Vitamins +DHA

続いて薬局でよく見かけるOne a Day。

栄養素 含有量 一日摂取基準比
ビタミンA (βカロチン) 4000IU 50%
ビタミンC 60mg 100%
ビタミンD 400IU 100%
ビタミンE 30IU 100%
チアミン (B1) 1.7mg 100%
リボフラビン (B2) 2mg 100%
ナイアシン 20mg 100%
ビタミンB6 2.5mg 100%
葉酸 800μg 100%
ビタミンB12 8μg 100%
ビオチン 300μg 100% 
パントテン酸 10mg  100% 
カルシウム 300mg 23%
鉄分 28mg 156%
ヨウ素 150μg 100% 
マグネシウム 50mg 11%
亜鉛 15mg 100%
2mg  100% 
オメガ3 223mg *
DHA 200mg *
EPA 23mg *

これも葉酸が800μg入ってます。その他の栄養素も一日の必要量の100%が入っているものが多くて、これ一つで何でもカバーできるって感じです。

3. Rite Aid Prenatal Formula with Folic Acid

Rite AidのPB商品。Amazonは取り扱いがないようですが、こんなところで買えます。

栄養素 含有量 一日摂取基準比
ビタミンA (βカロチン) 4000IU 50%
ビタミンC 120mg 200%
ビタミンD 400IU 100%
ビタミンE 30IU 100%
チアミン (B1) 1.8mg 100%
リボフラビン (B2) 1.7mg 85%
ナイアシン 20mg 100%
ビタミンB6 2.6mg 104%
葉酸 800μg 100%
ビタミンB12 8μg  100%
カルシウム 200mg 15%
鉄分 28mg 156%
亜鉛 15mg 100%

ほかの2つに比べて少し入っている栄養素の種類が少なめですね。でも葉酸は800μg入ってます。

4. Vitafusion PRENATAL Gummy

タブレットじゃなくて、グミもあります。

栄養素 含有量 一日摂取基準比
ビタミンA (βカロチン) 4000IU 50%
ビタミンC 30mg 50%
ビタミンD 400IU 100%
ビタミンE 15IU 50%
ナイアシン 20mg 100%
ビタミンB6 2.5mg 100%
葉酸 800μg 100%
ビタミンB12 8μg 100%
ヨウ素 150μg 100%
亜鉛 3.8mg 25%
塩化コリン 10mg *
オメガ3 (魚由来) 65mg *
DHA 50mg *
オメガ3 (魚由来以外) 15mg *

タブレットじゃないぶん、各栄養素の含有量が少なめです。それでも葉酸は800μg入ってるのは揺るがない。


過剰摂取による悪影響が心配

元々サプリを飲む習慣がない私はこの「サプリで一気に栄養とっちゃえ!」というのが何となく苦手で、抵抗がありました。。

しかも一気に800μgも葉酸を摂って、さらに普段の食事も葉酸が多いものを心がけたら、逆に赤ちゃんに悪い影響があるんじゃないか!?と思ったので、妊婦サプリは選ばなかったのです。

ということで、私は葉酸だけ入っている単体サプリ「Finest Nutrition Folic Acid 400mcg」を飲んでいます。

容量を守れば大丈夫

かといって、病院によっては妊娠発覚後に妊婦サプリを処方してくれるところも多いし、サプリで栄養を摂るからって悪影響はないです。むしろサプリを摂らないと栄養が偏って赤ちゃんに悪い!と言われるぐらいだし、一日の容量を守れば1000μgを超えることもないです。抵抗がない人は妊婦サプリでいいと思ってます。

私は病院で「葉酸サプリだけ飲んでるけど、ほかの成分も飲んだほうがいい?」と先生に聞いてみたところ、「鉄分やカルシウムはいい食事を心がけて。あとは貧血などの症状が出たら別途処方するから大丈夫」と言われたのでホッ。

普段の食事は妊娠前より栄養バランスがよくなるように心がけています。カルシウムを摂るのにイリコ食べたりw

必ず医師の指示を仰ぐこと

妊婦サプリ、葉酸サプリのどちらを選ぶかは個人の自由ですが、どの製品のラベルにも「ask a doctor before using this product」と注意書きがありますので、必ず使用前に先生に聞いてくださいね!

では今日もブロッコリーを食べるRyo@nydewebdesignでした〜

スポンサーリンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする