育児中でも電気圧力鍋「Instant Pot IP-DUO60」で超ラクラク&時短ご飯

離乳食
スポンサーリンク

こんにちはー 🙂 シカゴ旅行から帰ってきたら電気圧力鍋が届いていてウッキウキです!

「圧力鍋って怖い…」

「子どもが近くにいると危ないんじゃない?」

ノンノンノーン!いま流行りの電気圧力鍋なら時短&手抜き&安全といいことづくめです♡

私が買った電気圧力鍋と実際に作ったレシピを随時更新していきたいと思います!

圧力鍋って何?

そもそも圧力鍋とは何か?というところから説明します。

圧力鍋(あつりょくなべ、英: Pressure cooker)とは圧力調整機構が付いた鍋。空気や液体が逃げないように密封した容器を加熱し、大気圧以上の圧力を加えて(加圧)、封入した液体の沸点を高めることで、食材を通常より高い温度と圧力の下で、比較的短時間でより美味しく調理することができる調理器具である。 -Wikipedia

普通の圧力鍋はお鍋のふたに圧力調整弁がついています。それをガスコンロ/IHにかけ、ふたを閉めて密封しながら調理します。

内部の圧力がMAXに達して、弁から圧力を逃がす時に「シューッ」と音がするので「爆発するんじゃ!?」と怖く感じたり(実際は爆発を避けるために圧力を逃しているので大丈夫ですw)、シューッと音がし始めたら弱火にしなきゃいけないのでコンロのそばにいないといけなかったり

もちろん普通の圧力鍋でも調理時間の時短はできますが、子どもがいると5分コンロにつきっきり、というのが難しい時もあります。

そんな手間も解消してくれるのが、テレレテッテレー!でーんーきーあーつーりょーくーなーべー!(BGM:ドラえもん)

スポンサーリンク

電気圧力鍋のすごさ

電気圧力鍋を使い始めてまだ一日目の私ですが、すでにこれだけの魅力を感じています。

その1:火を使わない

その名の通り、電気を使って調理するので火を使いません。

コンロは子どもが近くにいると危ないので使えないし、お鍋を火にかけている時にうっかり寝てしまって消し忘れた…!ということが無きにしもあらず。育児で疲れてると、隙あらば寝たいし。

電気圧力鍋なら出来上がりまでほったらかしでOKなので、火の消し忘れを心配しなくていいです。自動で圧が抜けるので近くにいる必要もありません。

その2:安全装置付き

電気圧力鍋はきちんとふたが閉まって安全な状態でないと調理が始まらない仕様になっています

なのでうっかりふたが閉まりきっていない状態で調理しちゃう、ということもありません。

まぁ普通の圧力鍋でも今はしっかり対策されていると思いますが、電気圧力鍋ならより安全です。

その3:保温できる

一応私にも「主人が帰ってくるタイミングで温かいご飯を提供したいな♡」なんて気持ちが多少はあるんですが、仕事終わりの時間を見計らってご飯作りを始めるのは至難の業。

今まで寝てたのにご飯作りを始めると泣くのなんでだろ〜(BGM:テツandトモ)

その点、電気圧力鍋は時間になって調理が終わったら保温モードに切り替わります

私は手が空いた時に夕食が作れて、旦那はいつでもホカホカご飯が食べられるというスンバラシイ図式の出来上がり。

その4:蒸らし時間が見える

普通の圧力鍋は加圧時間(=圧力がかかり始めてから火を弱めて調理する時間)と蒸らし時間(=火を止めて放置しておく時間。予熱で調理したり、内部の圧を抜く時間)があります。

圧力鍋を使ったレシピはだいたい「蒸らし時間◯分」と書いてあります。蒸らす時は火を消した状態なので、その通りにしないと何か危険なことが起こるってわけじゃないんですが、いちいちタイマーをセットするのも面倒です(´Д`)

電気圧力鍋は保温モード=蒸らし時間となり、ディスプレイに加圧が終了してから何分経っているか表示されます。これでいちいちタイマーをセットする必要がありません。

その5:炊飯器いらず

海外に住んでいても日本人ならお米が食べたい。でも海外だと日本製の炊飯器がすごく高くて、150ドルとかするんです(´・ω・`)

しかし電気圧力鍋ならご飯も炊けます。しかもお米をつけておく時間も不要で、加圧&蒸らし全部で15分ぐらいで時短炊きヽ(=´▽`=)ノ

巷には炊飯器をお米を炊く以外にも使いましょう☆っていう炊飯器レシピもありますが、だったら圧力鍋でお米炊いたほうが実用的です。

特にうちの炊飯器は10年選手ですごく古かったので、新しい炊飯器買うなら圧力鍋にしようと思った経緯もあります。

その6:ふたを開けて調理もできる

圧力鍋って加圧がすごいので、カレーのルウのような濃度が高いものは入れてはいけません。中身が蒸気孔に詰まったり、それこそ爆発につながる恐れがあります。

電気圧力鍋ってそこはどうするの?と思うかもしれませんが、ふたを開けながら調理できるモードがきちんとあります

これを使えば例えば火の通りにくいジャガイモだって、煮物やシチューだけじゃなく、ローストポテトも時短で作れます。

その7:蒸し器にもなる

付属のスチームラックを使えば蒸し器として使うことも可能です。蒸し器ってなかなか単品では買わないですし、フライパンや深鍋を代用した場合に比べても短い時間で蒸しあがります。

私はこの蒸し器機能を使って肉まんを作ってやろうと今から目論んでます(*´﹃`*)

その8:タイマーセットできる

電気圧力鍋ならタイマーがセットできるので、仕事から帰ってくる時間に合わせて調理が終わるように調整したり、明日の朝のホカホカご飯を作ったりということもできます。

いくら保温モードが使えるといってもずっと保温しっぱなしじゃ電気代ももったいないですし、やはりできたてのほうが美味しいです。

その9:離乳食作りも可

離乳食は赤ちゃんが食べられるぐらい柔らかくしないといけないため、野菜を何十分も茹でたり、おかゆがドロドロになるまで煮ないといけません。

それが圧力鍋ならほんの数分でできる!らしいです。というのもまだ作ってないのでわかりませんww

でももうすぐ離乳食も始まるので、使ったらレポします♡

その10:もちろん時短

圧力鍋の一番の魅力は調理時間の時短ですが、電気圧力鍋でもその効果は変わりません。むしろ火にかけなくていいため、さらなる超・時短が可能です

育児における鉄則は時短・手抜きですよねー。

買うならInstant Pot IP-DUO60

電気圧力鍋にもいくつか種類がありますが、私が買ったのはInstant Pot IP-DUO60です。

サイズが5 Quart/6 Quart/8 Quartとありまして…知らない単位が出てくるアメリカ、ほんと嫌いw

レビューによると5Qtは2人、6Qtは3-4人、8Qtは大家族向けとあったので一番売れ筋の6Qtにしました。6Qtは約5.6リットルです。

うちの大きいとはいえないキッチンではけっこうな幅を取りますが、それでもこの便利さはマストバイです(`・ω・´)

まとめ

アメリカにいると料理上手になる気がします。だって外食まずいんだもん…(´・ω・`)

ではRyo@nydewebdesignでしたー♡

離乳食
スポンサーリンク
Ryoをフォローする
ブログの中の人
Ryo

海外育児情報ポータルサイト「セカイクジ」、オンラインサロン「NYおやこサロン」など運営。育児を楽しみながら面白いこともやっていきたいまったり起業家。Sandbox代表。アメリカはNJで2人の男子を育児中。

Ryoをフォローする
うぇぶ母@NY