【子連れWDW】オススメパークランキング1位!アニマルキングダムの魅力

旅行
スポンサーリンク

こんにちはー、Ryo@nydewebdesignです 🙂

2018年11月、2歳0歳を連れて家族4人でフロリダのディズニーワールドに行ってきました!

小さい子どもがディズニーに行っても楽しめるの?

乗れるアトラクションはあるの?

など、小さい子連れファミリーの観点から、楽しめるパークをランキング形式で発表します♡

まずはオススメ第1位「アニマルキングダム」の紹介です!

各パークの概要

基本情報として、ディズニーワールドには以下の4つのパークと2つのウォーターパークがあります。

  • マジックキングダム
  • アニマルキングダム
  • ハリウッドスタジオ
  • エプコット
  • タイフーンラグーン
  • ブリザードビーチ

私達は5泊6日で、初日は移動日だったのでパークを回ったのは4日間。各パークに1日ずつ行った計算です。

行っていないウォーターパークは外して、4つのパークをランク付けしています。

アニマルキングダムの魅力

2017年にオープンしたばかりのパンドラエリアのアバターのアトラクションや、サファリライドが人気のアニマルキングダム。

ディズニー = ミッキーというイメージを覆してくれる、アメリカらしい壮大なアトラクションが多く、小さい子どもも楽しめるアトラクションやショーが多くありました

確かにこのパンドラエリアのアバターのセッティング、圧巻ですよ!

オススメアトラクション

アフリカエリアの「Kilimanjaro Safaris(キリマンジャロ・サファリ)」と「Festival of the Lion King(フェスティバル・オブ・ライオンキング)」です。

キリマンジャロ・サファリは、大型ジープで広大なサファリを回るライドアトラクション。

キリンやライオン、サイなど実際に近くで見ることができて、長男も大満足!

フェスティバル・オブ・ライオンキングは、ライオンキングのミュージカルショーで、大人も子どもも楽しめます。

ミュージカル好きの私は大満足♡

ただし、小さな赤ちゃんには音が大きいので、ベビー用イヤホン(ノイズキャンセラー)を用意するといいかもしれません。

他にも「Wilderness Explorers」「Gorilla Falls Exploration Trails」という自然を探検できるトレイル系、「Rafiki’s Planet Watch」の中の「Wildlife Express Train」という電車、「The Boneyard」というプレイヤードなど、身長制限のないアトラクションが多くあります。

FastPass+を取るべきアトラクション

日本のように60分以上待ちになるのは、基本的にジェットコースター系のアトラクションのみ。

お子さんが乗れるなら、まずは「Avatar : Flight of Passage(44″/112cm以上)」「Expedition Everest – Legend of the Forbidden Mountain(44″/112cm以上)」「Primeval Whirl(48″/122cm以上)」あたりのFastPass+を押さえましょう。

ほかに子連れで乗れるのは「Na’vi River Journey」というアバターのゆっくりしたライド・アトラクションだけです。

常に40分ほど待ち時間があったので、これもFastPass+を取っておくのがいいでしょう。

しかし内容はさすが最新アトラクション、という感じで綺麗ですが、スローライドで盛り上がりどころなく終わるので、40分並んで乗ったら発狂するかもしれませんw

キリマンジャロ・サファリは時間帯によっては20分程度の待ち時間だったので、余ったなら取る程度でOK。

ライオンキングはFastPass+より通常レーンが空いていたので、必要なし。(取ってしまったけど…)

夜6:30からの光のショー「Rivers of Light」も優先席で見られるのでパスを取ったのですが、子どもがショー開始までの30分間で待ちくたびれてグズってしまったので、パスを取りつつギリギリに入場するのが良さそうです(^^;

このショーもけっこう爆音なので、ヘッドフォンがあったほうが良いです。

レストランが豊富

アニマルキングダムはアフリカ、アジア、ディスカバリー・アイランド、パンドラ、ダイノランドUSAから成っており、他のパークに比べてレストランの種類が豊富です。

特にアジアエリアの「Yak & Yeti Restaurant」はなんちゃってアジアンフュージョンで、怪しいトンコツラーメンやdim sum(肉まんとかギョーザの盛り合わせ)がありました。

基本的にパーク内はホットドッグ、バーガー、ポテト、リブなどアメリカンが多いので、ほとんどの人は日本食が恋しくなるはず。

困ったら「Yak & Yeti Restaurant」がオススメです。

チャーハンなどのキッズミールもありますし、持ち帰りもできますよ。

こちらのお店は子どもが寝ている場合のみ、ストローラーで入店可。早い時間に行くか、ランチ時は予約していったほうが良さそうでした。

ベビーケアセンターが広い&綺麗

各パークにはBaby Care Center(ベビーケアセンター)という授乳室のようなスペースがあります。

しかしパークによって、狭かったり設備が少なかったり、けっこう違うんです。

アニマルキングダムはディスカバリーアイランドからアフリカエリアに行く手前にあり、かなり広めでご飯を食べるエリアやオムツ替えテーブルがたくさんあったのが良かったです。

個別の授乳室もあります

ストローラーもそのまま入ることができるので、寝てしまった子どもと涼みに行ってもヨシ

離乳食やオムツ、ワイプなど子どもに必要なものはだいたい(割高で)売ってます。

日陰が多い

11月だというのに、毎日85℉(約30℃)超えだったフロリダ。

かなり日差しが強く、特にカーシートに乗っていた下の子はすぐ汗だくになっていました。

アニマルキングダムはたくさんの樹のおかげで日陰が多く、ちょっと休むのに楽ちん

こういった小さなポイントが子連れには嬉しかったです。

ビールが買いやすい

子連れ関係ないんですがw

アニマルキングダムはsit-in(座ってサービスを受けるレストラン)以外でも、外のスタンドでもビールが普通に売っていたり、バーがあったり、何かとお酒を手に入れるのが楽でよかったです。(これ我が家にはすごく重要!)

暑いフロリダでは水分補給大事ですからね!

総評

以上の点から、子連れが楽しめるパーク第一位にはアニマルキングダムが輝きました!パチパチ

  • アトラクション:★★★★☆
  • ベビーケアセンター:★★★★★
  • 混雑レベル:★★★★☆
  • レストラン:★★★★★
  • ビール:★★★★★
  • ミッキー:★☆☆☆☆

ちなみにミッキーが好きな人はキャラクターグリーティングぐらいしか会うチャンスがないので、ご注意ください。

まとめ

ディズニーとサファリパークに一気に行ったようなお得感があるパークでとても楽しかったです!

2〜4位の記事もぜひご覧くださいね 🙂

https://nydewebdesign.com/wdw-magickingdom

では、Ryo@nydewebdesignでしたー!

旅行
スポンサーリンク
Ryoをフォローする
ブログの中の人
Ryo

海外育児情報ポータルサイト「セカイクジ」、オンラインサロン「NYおやこサロン」など運営。育児を楽しみながら面白いこともやっていきたいまったり起業家。Sandbox代表。アメリカはNJで2人の男子を育児中。

Ryoをフォローする
うぇぶ母@NY